HOME » Blog

イタリア ボローニャ便り 3便。
  前夜祭の次に来る本番,プリモピアット
  第1幕パスタシュッタ(*注1)   /麺類 汁物 飯類

   

 プリモ、つまりイタリア語で一番目、いよいよこれからが本番の料理です。
 コレなくしてイタリア大衆文化は語れません。
 また此処でマルチェッロ氏に御登場願います。
 第2通目の手紙では、今時の若い人は彼の名前は知らないと
 ご指摘がありましたが、チャップリンの後ろ姿もさる事ながら、
 私の知る唯一の後ろ姿で演技の出来る俳優さんでした。
 ところで、往来のフランスの美人女優カトリーヌ・ドヌーブが当時愛人関係に
 あった、今は亡きイタリアの名優マルチェッロ・マストロヤンニをして、
 『イタリア人男性の頭の中は、アレとパスタしかない!』
 と看破した名言?として伝えられています。
 イタリア人ではなくとも、世の男性にとってかなりきつすぎる三行半です。
 しかしデス、男性の存在理由でもあるアレを揶揄するのは、現代の世俗的風潮 
 からすればナンセンスに思えてなりませんが、大姉諸兄如何でしょうか。
 それだけパスタの占める位置は高次元にあるのです。

 通常、日本人旅行者はプリモピアットで食事を止めてしまいます。
 いや断念すると言う方が適当かもしれません。
 コチラの言分はさておき、ソレは量の問題なのです。
 私の友人であるレストラン経営者(ミシュラン2星)にいわせれば、材料を節約
 しているような印象をお客さんに与えたくないと言う計らいだそうです。
 通常パスタでは80gくらいが、一人前と言うところです。
 私たちの良き習慣からすると、料理を残すのは相手側に対して失礼となります。
 しかし此の地は、得てして価値観の逆転するところです。
 地球の裏側で日本が8時のとき午前零時です。
 大和国で天照テラスの女神様が洞窟に隠れていた時でも、オーソレミヨは輝いて
 いた地であります。
 これからが本番と張り切っているシェフを落胆させないためにも、夢に見た
 本場のラザーニャ、マトリチャーナ、カルボナーラは敢えて残すべきでしょう。
 コース料理を全て食べきれなかった腹いせに、イタリア人は大食漢であると
 決めつけるのは危険です。
 此処はあくまで食物、料理の技量を売るお店です。
 家庭料理とかママの味、郷土料理と言う看板をあげているだけに過ぎません。
 『各々方、ユメユメ御油断召されるナ!』。

 全てのイタリア家庭で3食こんなメニューをこなしてはいません、ご心配なく。
 例えば、シンプルライフナンバー1!
 簡素さを通り越すくらいに美味いアリィオ・オイリオ・ペペロンチーノ、
 別名"午前零時のスパゲッティー"。
 あらかじめフライパンにエクストラバージンのオリーブオイルでニンニクと
 干し唐辛子とを緩く炒めておき、茹でたてのスパゲッティーを先に用意して
 おいたフライパンでサッとあえるだけ。
 只それだけ、文字で書いて2行のパスタ料理。
 フライパンでニンニクのスライスと干し唐辛子を、エクストラバージンオイルで
 暖める時間とパスタをアルデンテ(*注2)に茹で上げる時間が、ほぼ同時くらい
 ではないかと思われます。
 午前様の空腹を癒してくれる救世主であり、サッカーのハーフタイム15分で
 作れて後半のハーフ、彼方はテレビの前で皿に盛られ出来立てのパスタの
 芳香のむこうにインテルvsミランを観ている寸法です。
 しかし私はこの情景を醒めた目で、今は無き広島市民球場のナイター
 広島vs巨人、7回の表1塁ネット裏でけっして美味しくなかった、
 [カープうどん]を啜る自分を見てしまいます。
 此れはスポーツとパスタを絡めた淡い思いで。
 不味いうどん、スカットする衣笠の空振りは私の記憶に鮮やかです。

 プリモピアット特にパスタ料理については、周知のスパゲッティー、マケロニ、
 というイタリア料理の代名詞的なパスタがありますし、そのパスタの種類も
 無数に存在します。
 全ての形状が、民族学、人間工学、建築学、食品化学、そして最後に美学的に
 まとめてあります。
 特にその地方色たるや方言の数と同じくらい存在しています。
 それだけ食感は語感と相似していると言えるのではないでしょうか。
 幸いな事に、この国には豊かで個性的な表現力が残っています。

 ましてやその味付けとなると個人差から始まり、地方、国内、ひいては移民に
 よって移植された変形タイプ、奇形タイプも存在しています。
 民族料理の変化型は、中国人移民の中華料理とイタリア人移民のイタリア料理
 に似ている様に思います。
 根強い雑草のごとくマフィアのオマケ付きで移植されて行きました。
 世界各地に存在するチャイナタウン、リトルイタリアには彼らのレストランが
 多数存在しています。
 私の記憶に残る最初に食べたナポリタンスパゲッティーなるものは、
 高校生の時分、駅裏の喫茶店で食べたケチャップソースで味付けした焼きそば
 もどきのものでした。
 これは明らかにアメリカ経由のイタリア料理の畸形です。
 おそらくイタリア移民の孫の世代から取り入れられた、まさにアメリカン
 スパゲテレーと思われます。ピッツアにして然りで、本場のナポリのピッツア
 とはかなり違うようです。
 この陽気な程の簡略的作り方を素直に受け入れ、疑いを持つ余裕の与えられ
 なかった私達の両親達は気の毒です
 どのような人達の文化を経由して輸入されたものか、パスタがアルデンテ(*注2)
 に茹で上がる合間に考えてみるのも楽しいのではないでしょうか。

 プリモについての考察はあまりにも広範囲で、汁物と飯物を残してしまいました。
 此処で、料理を残してしまってはトスカーナの人達に我がミネストローネは?
 ミラノの人には世界に冠たるリゾット・アッラミラネーゼはどうなったのよ?
 『彼方は歴史ある民主共和制のイタリアで政府奨学金(*注3)を貰いながら、
  何を学んだのか』と脅迫されかねません。

 されば、次回はプリモピアット第2幕として、あふれる鍋のふたを開いてみる
 ことにいたしましょう。
 次回第2幕へ、つづく
 

 (*注1) パスタシュッタ 略してパスタ。通常スープに浸っていないパスタ料理
      を指します。シュタとは、乾いたという意。
 (*注2) アルデンテ 少し麺の芯を茹でないで残した固茹で、歯ごたえを残して!
      と言う意味。芯を残したところが歯ごたえと康応して音楽的な響きが
      感じられるのは私だけでしょうか。
 (*注3) 当時、月々絵葉書2枚分の大きさのリラ紙幣を何百万リラか頂いており
      ました。円に換算すると当時のインフレも手伝い、たいした金額には
      なりませんでしたが、当時のイタリア連合左翼政権には今でも大変感謝
      している次第です。
      その事も手伝ってか、律儀な日本人の私は左翼です。
      ソレにもまして文化的にも貢献している次第です。