HOME » Blog

イタリア ボローニャ便り2便。アンティパスト,20時20分発。
               (前菜)

   

 アペリティーヴォの次に登場するのがアンティパスト(前菜)です。

 前菜にどんなものがあるかを此処で説明するのは避けることにしましょう。
 メニューも地方の各レストランによって膨大な品数があります。
 其の解説は、これぞ本流と頑張っている料理オタクとグルメ雑誌に任せます。
 基本的にはその土地に根ざしている素材を使っています。
 このあたりからもイタリアのスローフードの基本的な概念が伺われます。
 あくまで和食シフトの方には私なりの所見ですが、
 懐石料理の八丁までにでて来る様なものに、トマトとオリーブオイル、ワイン酢、
 各種の香辛料で調整した料理をご想像下さい。
 どちらも古い文明を持つ民族の行きついた現在迄の過程です。
 基本的に人間の考えることにはあまり変わりありません。
 文化の違いが物事の解釈の違いとして出来ているのではないでしょうか?


 イタリアのレストランで食事をすると時間がかかると言う声を随所で聞きます。
 先ずそれは、レストランは午後8時以降に開店が通常です。
 定刻にアペリティーヴォ(食前酒)から始めて、アンティパストに入れば
 20時20分以降になるのは定刻と言えるでしょう。
 ホームディナーの招待であってもだいたいが同様なので、24時前に
 ディジェスティーヴォ(食後酒)が出て来るのが普通です。
 ご心配無く!?
 生きるために食べるのではなく、食べるために生きる民族の面目躍如と言える
 でしょう。
 人生をイタリア人風に楽しまれたい方には、
 ―今は亡き名優マルチェッロ マストロャンニのごとく演じてみて下さい―
 街のバル(イタリアのカフェバー)でアペリティーヴォを楽しむ方法もあります。
 レストランでかしこまったウェーターに給仕されるより、夕暮れ時の華やいだ雰囲気、
 巷のバルのカウンターの方が次への期待感を持たせてくれて話も弾むでしょう。
 何事にしても、その前と言うことは大切なことです。
 前が在ってこそ其の次にものが映えてきます、
 見えないものに対して期待させる演出です。
 秘すが華デス。
 それには彼方と話の合うほどほどのお相手が必要ですが...。
 此のような楽しい状況になって何事も思うのは、この内陸平野のボローニャでは
 海も山も川も無いのです。(*注1)
 言い換えれば瀬戸内海も筆影山も沼田川も無い。
 それに比べてわが故郷は海、山、川と三拍子揃っています。
 三原には舞台装置は揃っているのです。
 しかし残念ながら彼方はマストロャンニではないし、お相手はモニカ ベルッチ
 でもないのです。
 現実の壁を如何に乗り切るか?
 出来ることなら次ぎに来るものがほぼ解っていても、其の刹那を楽しめる
 大人になりたいものです。
 その大人の友人から、前回のアペリティーヴォに『少し強めのシェリー(*注2)』
 をとお勧めがありました。
 それでは次回試してみます。
 ブォーナ ペティート!(良いお食事を)


 追記
 次回はプリモピアット(パスタ又はスープ)についての考察えおしてみます。


 (*注1) ボローニャの旧市街の背に小高い丘と、小さな川が流れています。
 (*注2) ポート/マデーラ系のアルコール度数の高いワイン。イタリアには親戚筋に
      マルサーラ酒があります。よくデザートワインとして飲まれています。